ルーマニアの日本語ガイドです。ルーマニアの観光情報をお届けします。


by romaniakankou

カテゴリ:ブカレストの見所( 21 )

日本の皆様、こんにちは。

今回はブカレストの北部にオープンした、ヨーロッパ最大規模の温泉スパ施設「ブカレスト・テルメ」をご紹介します。

ブカレストの北部(中心街から30分程)に、地下3000メートルの温泉を利用する温泉スパ施設はオーストリアの企業の投資により完成しました。キャパシティーは4000人以上となり、主に3つのエリアから成り立っています。
アクセスするために水着の着用が必要です。スリッパーの持参もお勧めします。タオル、バスローブの貸出は行っております。すでにこの施設はブカレストに住んでいる現地人、外国人や観光客の間でとても人気が出ています。

こちらはブカレスト・テルメの施設外観です。
a0111458_19271925.jpg

こちらはメインのパームエリアの様子です。
a0111458_19275027.jpg

主なエリアは以下のとおりです。アクセスは半日、終日、家族割引等があります。

1)ギャラクシー 家族向けのエリアで滑り台、ウエーブプール、ラウンジエリア、スチームサウナ、レストラン等があります。
4時間の入場料金は日本円でおよそ1500円。

2)パーム メインの温水プール、デッキチェア、ジャグジー、レストラン、カフェテリア、死海の塩水のプール、ミネラルのプール、屋外プール等があります。そして、なんとルーマニアで最大級の室内植物園となり、500以上のヤシの木が見られます。
4時間の入場料金は日本円でおよそ2000円。この入場料にギャラクシーエリアのアクセスも含まれています。

3) エリシウム 6つのテーマ別のサウナ 40度~90度 (パノラミックな眺めが楽しめるアマゾンサウナ、プロバンスの香り漂うアロマセラピーサウナ、90度の温度のバヴァリアサウナ、ビマラヤの塩のブロックを重ねたサウナ、滝のシャワー等)、アラカルトレストラン(こちらはレンタルされるバスローブ着用が必要です)
4時間の入場料金は日本円でおよそ2500円。この入場料にパーム、ギャラクシーエリアのアクセスも含まれています。

詳細については、下記の英語のオフィシャルサイトをご確認ください。
日本語ガイド同行でこの施設を楽しむためのプランを以下のとおりご提案いたします。
1)専用車と日本語ガイドで往復ご送迎。必要に応じて、スポーツ用品の店に立ち寄り水着などのお買い物も可能です。
施設のご案内、説明などを行い、決まった時間にお迎えに来て、ホテルまでご案内します。

2)専用車と日本語ガイドで同行し、施設の中も一緒に入りすべての施設を詳しくご案内します。その後、フリーの時間を取り、決まった時間にホテルまでお送りいたします。

ブカレストの滞在中に、温泉スパを楽しんではいかがでしょうか。
ご質問、お問い合わせ等をお待ちしております。

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
by romaniakankou | 2017-01-14 19:31 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)
日本の皆さま、こんにちは!

今回は2016年の冬のブカレストのクリスマスマーケットの様子をご案内します。

場所は、国民の館(現在は議会宮殿)の前で開催されました。
a0111458_229518.jpg


12月に入ると、ブカレストの市内はクリスマスらしくライトアップもされます。
a0111458_2321047.jpg


クリスマスマーケットでは、ルーマニアの物産やこの時期の伝統的な食べ物、クリスマスツリー用のオーナメント等の出店も並びます。こちらはルーマニアの蜂蜜の屋台。
a0111458_2352139.jpg


会場の舞台では、クリスマスソングの演奏や劇などが見られます。
a0111458_2362466.jpg


もちろん、ルーマニア料理の屋台もあります。
a0111458_2381492.jpg


最近日本でも話題のトランシルバニア地方のお菓子、焼きたてのキュルトシュ・カラッチも味わえます。
a0111458_2405681.jpg


クリスマスツリーのオーナメントも売っています。
a0111458_2471090.jpg


このクリスマスマーケットを見るために沢山の人が繰り出します。
a0111458_246193.jpg


冬の旅行をお考えの方は、ブカレストのクリスマスマーケットも訪れてみてはいかがでしょうか。

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
by romaniakankou | 2017-01-05 02:44 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)
日本の皆様、こんにちは!
ルーマニアの観光シーズンといえば、3月~10月ごろと言われていますが、最近は、首都ブカレストのクリスマスのライトアップやクリスマスマーケットも注目され、ヨーロッパのクリスマスライトアップされている都市のトップに入るようになりました。
a0111458_2029887.jpg


アメリカのMSNでも、こちらのリンクで、ブカレストはヨーロッパ14都市のひとつのお勧めとして紹介されています。

この時期にブカレストに来れば、中心街のライトアップ、クリスマスマーケット(今年は国民の館の正面にある広場で開催中)などが見られます。クリスマスマーケットでは、ホットワイン、ルーマニアの伝統的な料理(ロールキャベツ、ミティティ等)、そして屋台で焼きたてのトランシルバニア地方のキュルテシュカラーチなどが味わえます。

冬の間も、ブカレスト日帰りツアー、ブカレスト市内観光、トランシルバニアツアー、ドラキュラ城のツアー、ブコヴィナの修道院ツアーはお勧めです。観光シーズンにはない、新しい発見と感動に、きっとルーマニアで出会うことができます。

それでは、冬のルーマニア観光もお楽しみください!
[PR]
by romaniakankou | 2016-12-07 20:37 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)
日本の皆様、こんにちは!
今回は今年から一般公開された「チャウシェスクが実際住んでいた宮殿」についてご案内したいと思います。
今までは、チャウシェスクといえば、見所としては国民の館(現在名は国会宮殿)が思い浮かびましたが、実はブカレスト北部の高級住宅街に位置するチャウシェスクの住まいであった「PALATUL PRIMAVERII」(意味は「春の宮殿」)が2016年から公開されています。
ルーマニアの社会主義時代の歴史、チャウシェスクに興味のある方には必見と言えます。ただし、事前の予約が必要になりますので、興味のある方は前日に電話で予約を入れる必要があります。また、こちらで半日もしくは終日のブカレスト市内観光でご案内が可能です。
中のツアーは約一時間かかりますが、ご質問の時間なども取れますので、時間に余裕を持って来られることをお勧めします。

こちらは「チャウシェスク宮殿(PALATUL PRIMAVERII)」の入り口です。
a0111458_05145316.jpg
そして、中には最初にチャウシェスク大統領が通常使っていた執務室があります。すべての家具や調度品はそのまま保存されています。
a0111458_05235720.jpg
次は応接間です。お客様と一緒に食事をする場合はこちらのテーブルを使っていました。

a0111458_05254488.jpg
このテーブルはチャウシェスク一家の食事のみに使われていました。ルーマニア製の食器です。
a0111458_05271676.jpg
この宮殿の内装は非常に豪華に出来ており、当時のルーマニアの一般庶民の生活とはとてもかけ離れていました。このような噴水なども印象的です。
a0111458_05311616.jpg
こちらはチャウシェスクのプライベート映画館です。ここで、アメリカのウエスタン映画を楽しんでいたそうです。
a0111458_05333978.jpg
他にはチャウシェスクとエレナのスイート、子供たち3人それぞれのプライベートルーム、ワインセラー、プール、プライベートヘアーサロン、ジム等が見られますが、全てをこちらでご案内することが出来ませんので、実際訪れることをお勧めします。このチャウシェスク宮殿は革命後の25年間には誰も使っていませんので、このように、寝室では使っていたベッドがそのまま残されています。
a0111458_05382418.jpg
バスルームも非常に豪華のつくりで、金箔のモザイクが使われています。
a0111458_05403486.jpg
そして、最後に中庭です。ここには日本の天皇からのプレゼントだったと言われているクジャクの末裔がいます。
a0111458_05432011.jpg
ルーマニアのご旅行の際に、ブカレストでチャウシェスク宮殿に興味のある方、市内観光のツアーのご予約をお待ちしております。

ガイドと専用車付きブカレストのツアー情報はこちら
ブログの主と連絡先はこちら


[PR]
by romaniakankou | 2016-08-26 05:45 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)
日本の皆様、こんにちは!

今年から、ブカレストの主な見所である国民の館(現在名:議会宮殿)の内部がグーグルストリートビューで見られるようになりましたので、ご紹介させていただきます。興味のある方は下記のリンクをご利用ください。
こちらではチャウシェスクが建てた巨大な建物の一部が公開されています。実際に中に入って見学するためには予約をお勧めします。ツアー等に興味ある方は下のリンクをご利用ください。

ブカレストの国民の館内部 グーグルストリートビュー

国民の館(現在名:議会宮殿)の情報はこちらで見られます。

ブカレストの国民の館 ウイキペディア

ブカレスト、ルーマニアの旅行を予定されている方のお問い合わせをお待ちしております!

ガイドと専用車付きブカレストのツアー情報はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
by romaniakankou | 2016-01-21 21:28 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)
新年あけましておめでとうございます!

年明けにご紹介するのはブカレストの年末年始のクリスマスマーケットです。
a0111458_2341637.jpg


ルーマニアの伝統的な食べ物(チーズ、お菓子など)が売られています。
a0111458_2381912.jpg


そして、ホットワインを楽しみながら屋台でいろいろなものが食べられます。
(写真は、トウモロコシと焼栗)
a0111458_2394540.jpg


メリーゴーラウンドも出ていて、子供たちも楽しめるようになっています。
a0111458_2311012.jpg


このイベントのために、ルーマニアの各地方からも出店があります。
こちらはマラムレシュ地方の料理や民芸品のお店です。
a0111458_23122091.jpg


他には、ルーマニアの物産(手作りのソーセージ、パリンカ=プラムブランデー、お菓子、蜂蜜)、トルコ・コーヒー、民芸品等の店もあります。

ブカレストのクリスマスマーケットは、毎年12月の中旬から1月5日ごろまで行われています。
ルーマニアのクリスマスキャロル等のコンサートもあり楽しく過ごせますので、冬のルーマニア旅行の際ににはお勧めです。
場所はブカレストの中心街、大学広場付近となります。

それでは、本年もルーマニアの観光をご案内してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by romaniakankou | 2014-02-01 00:31 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)

冬のライトアップ

ブカレストの中心では、毎年12月に入るとイルミネーションが点灯されます。
ブカレストの人も毎年楽しみにしている冬の風物詩のひとつです。

こちらは大学広場にある大きなクリスマスツリーです。
a0111458_0252550.jpg

a0111458_20464882.jpg


凱旋門付近の大通りのイルミネーションです。
a0111458_2093742.jpg


統一広場の噴水もイルミネーションが点灯されています。左奥にはうっすらと国民の館の明りが見えています。
a0111458_2012017.jpg


a0111458_20143240.jpg

                        メリークリスマス!
[PR]
by romaniakankou | 2012-12-11 20:53 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)

ブカレストの市内観光

ブカレストはルーマニアの首都で、ルーマニアの人口の約1割、200万人が住んでいます。
ヨーロッパでは市内の人口の多い都市として、10番目です。
ブカレストの市内観光ですが、基本的には半日(4時間)と終日(8時間)のコースがあります。

半日観光の場合は、主に次のようなところをご案内します。

国民の館(事前予約が必要。国際会議等で閉館になる場合があります。)または農村博物館
そして
・革命広場
旧市街

a0111458_053506.jpg


終日の場合は国民の館と農村博物館を両方ご案内し、これとは別に次のようなところもご案内可能です。以下は半日観光でもアレンジすることは可能ですが、時間があまりないため、替わりに他の見所がカットになります。

・ブカレストの伝統的なレストランでご昼食
・市場、ショッピングモール
または以下からお選びいただけます。
・農民博物館、軍事博物館、歴史博物館、国立美術館など

では、ブカレストの観光をお楽しみください!
[PR]
by romaniakankou | 2012-12-07 00:59 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)
今年の夏、スペインの新聞の記事でブカレストの街のことについて取り上げられました。

記事に書かれていることは概ね以下のとおりです。

昔は「バルカンの小パリ」と呼ばれていたブカレストですが、最近、ヨーロッパの最も魅力的な街の一つとして復活しています。その理由は、充実したナイトライフや最近少しずつ修復工事が完成し始めた旧市街です。ここには、クラブ、バー、レストラン、カフェテラスなどが100軒以上も軒を連ねており、ビールは安く、クラブの入場料が無料などで有名になっています。「ヨーロッパの眠らない町」マドリッド、ベルリンなどの仲間入りです。

この他にも、ブカレスト郊外の町ワラキア公国の旧首都であるタルゴヴィシュテ、旧王室の別荘地シナイア、ザクセン人が建てたシビウ、ブラショフ等の町も魅力的です。

そして、ルーマニア料理、チョルバというスープやルーマニアのチーズ等が美味しいということです。

a0111458_018234.jpg
小パリを象徴する凱旋門

a0111458_2250430.jpg
旧市街の周りには古き良き建物が残っています

a0111458_05948.jpg
今の旧市街にはこのようなカフェテリアがあちこちに広がっています

ブカレストは日々進歩を続けています。
a0111458_0243732.jpg

なお、以前旧市街の観光について、このような記事を書きましたので、あわせてご覧ください。
[PR]
by romaniakankou | 2012-09-26 00:36 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)
今年の冬は特に寒かったですが、3月の中旬から少しずつ暖かくなりました。
そして、観光シーズンも始まりました!おかげさまで忙しくなってまいりました。

ブカレストの公園では花がきれいでした。
a0111458_3553268.jpg


毎朝の通勤ルートには会社の近くの住宅街にモクレンの花が咲き始めました。
ルーマニアでは珍しいので、結構感動します。。。
a0111458_3581038.jpg


このハクモクレンの木は特に、自然保護の木というラベルがついているだけあって、とても素晴しいです。
(場所は凱旋門付近の公園のそばです)
a0111458_35985.jpg


そして、ブカレストの北にあるヘラスタラウ公園の並びにある湖では特殊なカモや白鳥がいて、
週末見に来る人が多いです。
a0111458_411356.jpg

a0111458_415589.jpg

長い冬の後、公園で週末の散歩は気持ちいいですね!
[PR]
by romaniakankou | 2012-04-26 04:07 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)