ルーマニアの日本語ガイドです。ルーマニアの観光情報をお届けします。


by romaniakankou

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2011年1月10日にて更新

ブラン城の入場時間は以下のとおりです。
5月1日~9月30日の間
月曜日 12:00-18:00
火曜日~日曜日 9:00-18:00

10月1日~4月30日の間
月曜日 12:00-16:00
火曜日~日曜日 9:00-16:00

イースター、クリスマスなどの祝祭日前後は上記のプログラムが適用されないこともあります。
以下の公式サイト(英語ページあり)もご確認ください。

http://www.bran-castle.com/en/information/the_program

こちらは以前(2009年3月18日)のツアーの時に撮ったたブラン城です。
a0111458_458517.jpg


そして、ブラン城から見えるワラキア地方です。昔はここにはワラキアとトランシルバニア
の国境がありました。
a0111458_52354.jpg

[PR]
by romaniakankou | 2009-03-27 05:04 | ルーマニア観光情報 | Trackback | Comments(0)
こちらは去年の4月のツアーからの写真となります。
ブカレストからモルドバ地方のヤシと言う町へ行きました。
この町は5つの修道院で有名なブコヴィナ地方に近いですが、
独特な魅力を持った、ルーマニアの文化都市です。
ヤシの大学はルーマニアで1番歴史のある大学で1862年
にオープンしました。
ルーマニアの一番有名なロマン派の詩人【エミネスク】も
この町で19世紀の終わりごろに活躍していました。

こちらはブカレストからの列車です。2等の車輌も新しくなり、
綺麗な雰囲気です。
a0111458_344534.jpg

そして、途中の列車駅の雰囲気。とてものどかでした。
a0111458_344352.jpg

菜の花の畑がいっぱい見られました。
a0111458_37125.jpg

こちらはヤシの公園です。
a0111458_363816.jpg


そして、ヤシ大学のロビーは有名なルーマニア近代画家
(Sabin Balasa)の作品が並びます。
a0111458_395722.jpg


ヤシはブカレストから約400キロ離れています。列車で約8時間の旅です。
町の情報はこちらで見られます。
他の見所は文化宮殿(美術館、民族博物館)、コポウ公園(エミネスクの菩提樹)、
三聖人教会、ヤシ大学などです。
日本のガイドブックにはあまり取り上げられていないが、
ブカレストから5つの修道院へ向かう途中に立ち寄ると面白いです。
文化の町という落ち着いた雰囲気が特徴の町です。
[PR]
by romaniakankou | 2009-03-04 03:15 | ルーマニア観光日記 | Trackback | Comments(0)
ルーマニアの人気観光スポットには、トランシルバニアの中世時代の要塞教会があります。
こちらはビエルタンという世界遺産の要塞教会です。
ブカレストから車で1泊2日の旅行範囲です。
a0111458_254151.jpg

ビエルタンの村は12世紀~13世紀にドイツから来た移植民
が建てました。15世紀の後半に3重の城壁に囲まれた
要塞教会を作りました。
中世時代はオスマントルコやタタール民族などの攻撃から、
村の人が教会の敷地内に非難できるようになっていました。
とても静かな村で中世時代にタイムスリップするような雰囲気があります。

a0111458_21404176.jpg


2012年から、新しくシギショアラからの半日コースとしてツアーを開始しました。
シギショアラ在住の英語ドライバーガイドがホテルへお向かいに上がり、ビエルタンご案内します。

a0111458_21413778.jpg


a0111458_2144289.jpg


お土産ですが、ビエルタンではルーマニアで一番おいしい蜂蜜(私個人の意見です)を買うことが出来ます。

もちろん、終日コースとしてシギショアラの近郊のほかの世界遺産の要塞教会(ヴィスクリ等)やブラショフ、ブランまでも足を伸ばすことも出来ます。

a0111458_21472316.jpg

ヴィスクリの要塞教会(世界遺産)

ブラショフのホテルで解散することも出来ます。

a0111458_21525063.jpg

こちらはブラショフのキャピトルホテルから撮った写真です。黒の教会とブラショフの町並みが見えます。

どうぞトランシルバニアのご旅行をお楽しみください。
[PR]
by romaniakankou | 2009-03-04 02:55 | ルーマニアの地方ツアー | Trackback | Comments(0)