ルーマニアの日本語ガイドです。ルーマニアの観光情報をお届けします。


by romaniakankou

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ルーマニア観光見所の中で人気のあるブコヴィナの5つの修道院のツアーは、スチャバまたはグラフモールなど、近郊のホテルから出発します。
ブカレストからスチャバまでは、列車(約7時間)、国内線の飛行機、または車で移動が可能です。

世界遺産の5つの修道院(スチェヴィッツァ修道院も世界遺産として登録されました)は、外壁のフレスコが見所です。修道院が建てられて以来、約500年間の風、雨、雪、落書きなどにもかかわらず、現在まで鮮明な色が残っています。

英語可のドライバーガイドがホテルにお迎えに来ます。修道院と修道院の間は、約30分から1時間かかります。途中でお昼ご飯の休憩を取ります。

こちらはモルドヴィツァ修道院です。1532年に建てられました。黄色が特徴です。
a0111458_424843.jpg

a0111458_423538.jpg


次はスチェヴィッツァ修道院です。大きな城壁に囲まれています。緑色が特徴的です。
a0111458_428231.jpg

フレスコの場面としては、天国への梯子が有名です。
a0111458_4294079.jpg


途中で、昔の技術を使う陶器の工房に立ち寄ることが出来ます。
a0111458_4335358.jpg


アルボレ修道院は5つの中で一番小さくて、現在は教会として使われていません。
フレスコは西側と南側の壁に少し残っています。観光客も少なく、落ち着いた雰囲気です。
a0111458_4393238.jpg


5つの修道院の中で、一番有名なのはヴォロネッツです。この名前の色(青)、そして最後の審判の場面が特徴的です。
a0111458_457520.jpg

a0111458_4571248.jpg


では、ブコヴィナ地方のツアーをお楽しみください!
[PR]
by romaniakankou | 2012-10-30 05:02 | ルーマニアの地方ツアー | Trackback | Comments(0)
ルーマニアの人気観光スポットであるマラムレシュ世界遺産木造教会、サプンツァの陽気なお墓、そして民家訪問のツアーをご紹介します。
マラムレシュ地方はルーマニアの一番北にあり、ウクライナとの国境に接しています。ルーマニアの中で、もっとも昔の伝統的な生活が残されている場所です。
マラムレシュの観光のためには、マラムレシュ県の主な都市、バイア・マレから出発します。
ブカレストからバイア・マレまでは車、列車または飛行機の国内線で移動できます。

このツアーではバイア・マレまたは近郊のホテルから英語可ドライバーとともに出発します。
現地の方がご案内しますので、村の行事、お祭り、市場(野菜、動物市等)の情報は把握しています。
次のような見所が見られます。

・世界遺産の木造教会
a0111458_21273376.jpg

1721年に建てられたシュルデシュティの木造教会。

a0111458_2129636.jpg

シュルデシュティの教会は57メートルの高さの塔が特徴的です。

a0111458_21305762.jpg

1717年に建てられたロザブレアの木造教会

その他の気の教会:ボグダンヴォーダ、ブルサナ等

・世界でも珍しいサプンツァの「陽気なお墓」
a0111458_21335446.jpg

十字架にはその人の人生、性格、家族構成、亡くなった理由などが書いてあります。

a0111458_21425926.jpg

お酒の飲み過ぎが原因で人生が短くたった人もいるようです。。。
鮮やかな色、冗談の入った詩、こういうところからユーモラスな感じが出ていますが、
人生について、いろいろ考えさせられます。

・民家訪問(ランチ)
a0111458_21583065.jpg

ルーマニア自家製料理、サルマーレ(ロールキャベツなど)が食べられます。

・現在でも使われている馬車など、伝統的な生活のスタイル。
a0111458_21471713.jpg


マラムレシュで時間が取れる方は民家のペンションでの宿泊もおすすめです。

では、マラムレシュの観光を楽しんでください。
[PR]
by romaniakankou | 2012-10-25 21:52 | ルーマニアの地方ツアー | Trackback | Comments(0)