ルーマニアの日本語ガイドです。ルーマニアの観光情報をお届けします。


by romaniakankou

<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日本の皆様、こんにちは。

今回はブカレストの北部にオープンした、ヨーロッパ最大規模の温泉スパ施設「ブカレスト・テルメ」をご紹介します。

ブカレストの北部(中心街から30分程)に、地下3000メートルの温泉を利用する温泉スパ施設はオーストリアの企業の投資により完成しました。キャパシティーは4000人以上となり、主に3つのエリアから成り立っています。
アクセスするために水着の着用が必要です。スリッパーの持参もお勧めします。タオル、バスローブの貸出は行っております。すでにこの施設はブカレストに住んでいる現地人、外国人や観光客の間でとても人気が出ています。

こちらはブカレスト・テルメの施設外観です。
a0111458_19271925.jpg

こちらはメインのパームエリアの様子です。
a0111458_19275027.jpg

主なエリアは以下のとおりです。アクセスは半日、終日、家族割引等があります。

1)ギャラクシー 家族向けのエリアで滑り台、ウエーブプール、ラウンジエリア、スチームサウナ、レストラン等があります。
4時間の入場料金は日本円でおよそ1500円。

2)パーム メインの温水プール、デッキチェア、ジャグジー、レストラン、カフェテリア、死海の塩水のプール、ミネラルのプール、屋外プール等があります。そして、なんとルーマニアで最大級の室内植物園となり、500以上のヤシの木が見られます。
4時間の入場料金は日本円でおよそ2000円。この入場料にギャラクシーエリアのアクセスも含まれています。

3) エリシウム 6つのテーマ別のサウナ 40度~90度 (パノラミックな眺めが楽しめるアマゾンサウナ、プロバンスの香り漂うアロマセラピーサウナ、90度の温度のバヴァリアサウナ、ビマラヤの塩のブロックを重ねたサウナ、滝のシャワー等)、アラカルトレストラン(こちらはレンタルされるバスローブ着用が必要です)
4時間の入場料金は日本円でおよそ2500円。この入場料にパーム、ギャラクシーエリアのアクセスも含まれています。

詳細については、下記の英語のオフィシャルサイトをご確認ください。
日本語ガイド同行でこの施設を楽しむためのプランを以下のとおりご提案いたします。
1)専用車と日本語ガイドで往復ご送迎。必要に応じて、スポーツ用品の店に立ち寄り水着などのお買い物も可能です。
施設のご案内、説明などを行い、決まった時間にお迎えに来て、ホテルまでご案内します。

2)専用車と日本語ガイドで同行し、施設の中も一緒に入りすべての施設を詳しくご案内します。その後、フリーの時間を取り、決まった時間にホテルまでお送りいたします。

ブカレストの滞在中に、温泉スパを楽しんではいかがでしょうか。
ご質問、お問い合わせ等をお待ちしております。

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
by romaniakankou | 2017-01-14 19:31 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)
日本の皆さま、こんにちは!

今回は2016年の冬のブカレストのクリスマスマーケットの様子をご案内します。

場所は、国民の館(現在は議会宮殿)の前で開催されました。
a0111458_229518.jpg


12月に入ると、ブカレストの市内はクリスマスらしくライトアップもされます。
a0111458_2321047.jpg


クリスマスマーケットでは、ルーマニアの物産やこの時期の伝統的な食べ物、クリスマスツリー用のオーナメント等の出店も並びます。こちらはルーマニアの蜂蜜の屋台。
a0111458_2352139.jpg


会場の舞台では、クリスマスソングの演奏や劇などが見られます。
a0111458_2362466.jpg


もちろん、ルーマニア料理の屋台もあります。
a0111458_2381492.jpg


最近日本でも話題のトランシルバニア地方のお菓子、焼きたてのキュルトシュ・カラッチも味わえます。
a0111458_2405681.jpg


クリスマスツリーのオーナメントも売っています。
a0111458_2471090.jpg


このクリスマスマーケットを見るために沢山の人が繰り出します。
a0111458_246193.jpg


冬の旅行をお考えの方は、ブカレストのクリスマスマーケットも訪れてみてはいかがでしょうか。

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
by romaniakankou | 2017-01-05 02:44 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)