ルーマニアの日本語ガイドです。ルーマニアの観光情報をお届けします。


by romaniakankou
日本の皆様、こんにちは!
今回は今年から一般公開された「チャウシェスクが実際住んでいた宮殿」についてご案内したいと思います。
今までは、チャウシェスクといえば、見所としては国民の館(現在名は国会宮殿)が思い浮かびましたが、実はブカレスト北部の高級住宅街に位置するチャウシェスクの住まいであった「PALATUL PRIMAVERII」(意味は「春の宮殿」)が2016年から公開されています。
ルーマニアの社会主義時代の歴史、チャウシェスクに興味のある方には必見と言えます。ただし、事前の予約が必要になりますので、興味のある方は前日に電話で予約を入れる必要があります。また、こちらで半日もしくは終日のブカレスト市内観光でご案内が可能です。
中のツアーは約一時間かかりますが、ご質問の時間なども取れますので、時間に余裕を持って来られることをお勧めします。

こちらは「チャウシェスク宮殿(PALATUL PRIMAVERII)」の入り口です。
a0111458_05145316.jpg
そして、中には最初にチャウシェスク大統領が通常使っていた執務室があります。すべての家具や調度品はそのまま保存されています。
a0111458_05235720.jpg
次は応接間です。お客様と一緒に食事をする場合はこちらのテーブルを使っていました。

a0111458_05254488.jpg
このテーブルはチャウシェスク一家の食事のみに使われていました。ルーマニア製の食器です。
a0111458_05271676.jpg
この宮殿の内装は非常に豪華に出来ており、当時のルーマニアの一般庶民の生活とはとてもかけ離れていました。このような噴水なども印象的です。
a0111458_05311616.jpg
こちらはチャウシェスクのプライベート映画館です。ここで、アメリカのウエスタン映画を楽しんでいたそうです。
a0111458_05333978.jpg
他にはチャウシェスクとエレナのスイート、子供たち3人それぞれのプライベートルーム、ワインセラー、プール、プライベートヘアーサロン、ジム等が見られますが、全てをこちらでご案内することが出来ませんので、実際訪れることをお勧めします。このチャウシェスク宮殿は革命後の25年間には誰も使っていませんので、このように、寝室では使っていたベッドがそのまま残されています。
a0111458_05382418.jpg
バスルームも非常に豪華のつくりで、金箔のモザイクが使われています。
a0111458_05403486.jpg
そして、最後に中庭です。ここには日本の天皇からのプレゼントだったと言われているクジャクの末裔がいます。
a0111458_05432011.jpg
ルーマニアのご旅行の際に、ブカレストでチャウシェスク宮殿に興味のある方、市内観光のツアーのご予約をお待ちしております。

ガイドと専用車付きブカレストのツアー情報はこちら
ブログの主と連絡先はこちら


[PR]
# by romaniakankou | 2016-08-26 05:45 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)
日本の皆様、こんにちは。
今回はお客様からホレズ修道院に関するご質問を受けましたので、こちらでご案内したいと思います。

ホレズ修道院はルーマニアの南のワラキア地方にあり、ブカレストから車で日帰りで観光が可能です。

この修道院は当時の領主にちなんで名づけられた「ブルンコヴェネスク」建築様式の代表的な傑作で、1993年に世界遺産に指定されました。

ブカレストから3時間ぐらい走り、修道院に辿り着きますと、こちらが入り口です。
a0111458_2135781.jpg


そして、ルーマニア正教の教会はこちらです。
a0111458_217672.jpg


教会の入り口には「最後の審判」というフレスコが描かれています。そして、周りの建物には、今でも修道女が生活しています。
a0111458_2191525.jpg


ホレズは、陶器でも有名であり、鶏や花模様が特徴的です。お土産にホレズ焼の陶器が買えます。
そして、修道院近くの博物館でこの村の陶器、民族衣装等を見ることが出来ます。
a0111458_2223323.jpg


以前の記事でも、こちらでホレズ修道院や陶器について書いてあります。

ブカレスト、ルーマニアのご旅行をお考えの方、お問い合わせをお待ちしております。

ガイドと専用車付きブカレストのツアー情報はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
# by romaniakankou | 2016-07-29 02:28 | ルーマニア観光情報 | Trackback | Comments(0)
日本の皆様、こんにちは!

ルーマニアでは、今年は5月1日にルーマニア正教の復活祭があります。ルーマニアの人々の約9割がルーマニア正教の信者です。こちらでは、各家庭で卵を赤色に染めて明日特別な子羊の料理とともに食べます。
土曜日から日曜日の夜にかけて、教会で沢山のルーマニア人が復活祭のミサに参加します。教会で神父さんからみんなろうそくに火をもらって、一年間の幸運のために家に持って帰ります。

イースターの飾りとして、一般的なのはイースターエッグです。卵の殻に天然の色を使った蜜蝋で模様を描きます。また、木製のイースターエッグ、ビーズのイースターエッグなどがあります。

それでは、ルーマニアのイースターエッグの写真をお楽しみください。

a0111458_2365415.jpg
a0111458_2385555.jpg
a0111458_2415812.jpg
a0111458_243458.jpg

a0111458_2454938.jpg


ブカレスト、ルーマニアの旅行を予定されている方のお問い合わせをお待ちしております!

ガイドと専用車付きブカレストのツアー情報はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
# by romaniakankou | 2016-05-01 02:47 | ルーマニア情報 | Trackback | Comments(0)