ルーマニアの日本語ガイドです。ルーマニアの観光情報をお届けします。


by romaniakankou
皆様、こんにちは!
今回は、ルーマニアとセルビアの国境となっているドナウ川の「鉄門」渓谷の遊覧船のクルーズ中に見られる光景をご案内します。「鉄門」とは、長さ134キロもあるドナウ川の渓谷ですが、このクルーズではルーマニアのオルショヴァという町から出発し、およそ3時間ほどで風景がもっとも綺麗な場所を周ります。

これがクルーズの出発点、オルショヴァという、ブカレストから370キロほど西の方にある町です。
a0111458_022283.jpg


こちらは、ローマ帝王のトラヤヌス皇帝がルーマニアの原住民ダキア人に対する戦争の勝利を記念する大理石の記念碑です。ドナウ川のセルビア側で見られます。
a0111458_0301292.jpg


次は、ダキア族の王、デケバルスの石像です。高さは55メートルあり、ヨーロッパで一番大きな石像です。
a0111458_124640.jpg


「鉄門」渓谷は、ドナウ川がこのような岩山を掘って出来上がりました。
a0111458_0593067.jpg


ドナウは、ヨーロッパでは2番目に長い大河で、ドイツの「黒い森」から南東方向へ流れ、東欧の国を含め10か国を通り、ルーマニアにあるドナウデルタより黒海に流れます。

こちらはルーマニアのドロベタ・トゥルヌ・セヴェリンという町のホテルから見えるドナウ川です。この町にはローマ時代に建てられた橋の柱が残っています。
a0111458_119542.jpg


約2千年前には、ローマの軍隊がドナウ川を渡り、ダキア民族を征服したのは、現在のルーマニアの民族が出来るきっかけになったので、ルーマニアの人にとってドナウ川は大きな意味を持っています。

ドナウ川のクルーズは、自然や歴史に興味ある方にお勧めです。
ルーマニア旅行の際に、ドナウ川を眺めてみてはいかがでしょうか。

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
# by romaniakankou | 2015-11-01 00:48 | ルーマニア観光日記 | Trackback | Comments(0)
皆さん、こんにちは。
今回はトランシルバニア地方の新しく人気が出ている見所「トゥルダの塩山」をご紹介したいと思います。

普段、塩山を見る機会はあまりないと思いますが、トランシルバニアの中心都市、クルージュ・ナポカの近郊のトゥルダという街の郊外に、一般公開している塩山があります。
ルーマニアでは、ローマ時代から中世時代を通して近代までの長い間、天然の塩(岩塩)が掘削されていますので、興味深いルーマニアの観光スポットの一部となります。

トゥルダの塩山の写真や詳細はこちらのサイトで見られます。英語のページもあります。

今年立ち寄ることがありましたので、その際の写真でご案内したいと思います。

トゥルダの塩山は最近観光用にもオープンされ、照明などの演出により塩山の中を印象的に見せています。
a0111458_238484.jpg


下の方に見えるのは、休憩所、運動場、池、劇場などです。
a0111458_2423115.jpg


中世時代には、このような木製の機械と馬力を使って塩を掘削していました。
a0111458_2454233.jpg


数百年前に使われていた道具も展示してあります。
a0111458_247249.jpg


塩の結晶が織り成す天然の造形が見事です。岩塩はお土産として購入することも可能です。
a0111458_248276.jpg


ルーマニアのご旅行の際に、マラムレシュ地方からトランシルバニアへ向かう際などに、トルゥダの塩山に立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
# by romaniakankou | 2015-06-02 03:01 | ルーマニア観光情報 | Trackback | Comments(0)
今回は、ルーマニア北部のブコヴィナ地方にある世界遺産の5つの修道院とお隣の国モルドバ共和国を訪れるツアーのモデルプランをご紹介したいと思います。
モルドバ共和国は、元々ルーマニアの一部だったものが第二次世界大戦後に旧ソ連の一部となり、1991年に独立国家となりました。
この国の詳しい情報は次のリンクよりご覧になれます:モルドバ共和国
モルドバは、日本でも流行った『恋のマイアヒ』を歌ったO-ZONEの出身の国となります。


<モデルプラン>

1日目
ブカレストからスチャバへ移動。
スチャバ泊

2日目
世界遺産の5つの修道院観光。
その後ヤシへ移動。
ヤシ泊

3日目
ヤシの市内観光後、モルドバの首都キシナウへ移動。
世界最大の地下ワインセラーを誇るクリコバのワイナリーへご案内します。ワインティスティングをお楽しみください。
午後、キシナウの市内観光。
キシナウ泊

4日目
モルドバの世界遺産の岩窟教会オールドオルヘイ観光。
午後、ルーマニアのブカレストへ戻ります。(ヤシからブカレストへ列車または飛行機にて移動)
ブカレスト泊

5日目
空港へご送迎

まだ日本ではあまり知られていないモルドバ共和国のツアーにご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。


こちらはクリコバの地下ワインセラーで、車で入れるぐらい広いです。
a0111458_23343525.jpg


スパークリングワインの醸造所。
a0111458_2336231.jpg


ワインセラーには数十年前のワインコレクションも保存されており、見学することが可能です。
a0111458_23385352.jpg


世界中の有名なワイナリーのワインコレクションもあります。
a0111458_23394133.jpg


ワインティスティングも可能。各ワインの特徴をメモし、最後に参加証明書がもらえます。お土産用にワインの購入も出来ます。
a0111458_23411191.jpg


こちらはキシナウの市内観光に訪れる聖ティロン大聖堂です。
a0111458_23451936.jpg


ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
# by romaniakankou | 2015-01-30 23:30 | ルーマニアの地方ツアー | Trackback | Comments(2)
新年明けましておめでとうございます。
今年もルーマニアの情報をお届けしますので、どうぞよろしくお願いします!
ルーマニアのご旅行をお考えの際は、ぜひご連絡ください。

今回は2014年のクリスマスの際の、食事会のルーマニア料理をご紹介したいと思います。

まず、前菜のスープ料理です。このスープはトマトベースで、鶏肉とヌードル入りのスープです。
寒い冬にはもってこいの温かい一品です。
a0111458_2229509.jpg


メインは、ルーマニアでは鶏肉や豚肉のグリルを食べることが多いです。
こちらは、鶏肉の串焼き料理です。その場でウェイターがサーブしてくれます。
a0111458_22324172.jpg


こちらは、豚肉のグリルのピラフ添えです。ルーマニアでは日本のような白米は食べませんが、付け合わせとしてピラフのようなものは食べます。
a0111458_22355710.jpg


今回はデザートもいくつかご紹介します。
まずは、蜂蜜、くるみ、ホイップクリームのかかったクレープです。
a0111458_22374471.jpg


そして、こちらはカカオたっぷりのチョコレートケーキです。
a0111458_22394827.jpg


最後は、ルーマニア名物のパパナシ(揚げドーナツ)です。生クリームとジャムが添えてあります。普通に頼むと一品で2個出てきますので、お2人で一皿がお勧めです。
a0111458_2242057.jpg


ルーマニア旅行の際には、ぜひルーマニア料理もお楽しみください!

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
# by romaniakankou | 2015-01-06 23:11 | ルーマニア料理 | Trackback | Comments(2)
以前、シギショアラについて、ブカレストから1泊2日の鉄道の旅としてこちらでご案内し、ガイドと専用車を利用した旅をこちらでご案内しました。

今回は最新の2014年秋の写真を使って、シギショアラの現在の雰囲気をご案内したいと思います。
シギショアラはブカレストから北に300キロ離れており、日帰りでは往復できません。このためブカレストから観光するには、1泊2日からの行程が必要です。ブラショフからは日帰りで行けます。

シギショアラという街は13世紀の始め頃にドイツから来たザクセン人たちが建てた要塞都市で、現在、旧市街が世界遺産に指定されています。要塞の中は中世時代の街並みが残り、ルーマニアの人気スポットの一つです。また、ドラキュラのモデルになった串刺し公、ヴラド・ツェペシュが1431年にこの街で生まれたことでも有名です。

ブカレストから向かうと他にも観光しながら行きますので、シギショアラには夕方に着きます。こちらはシギショアラを象徴する「時計塔」の夜景です。時間があれば、夕食後の旧市街の散策はいかがでしょうか。
a0111458_058241.jpg


翌日の朝は旧市街の観光に出かけます。こちらは旧市街の中心広場から見た丘の上の教会です。教会の脇には学校があり、冬の間に子供たちが学校へ行けるように17世紀に作られた「屋根付き階段」が通りの奥にあります。
a0111458_181370.jpg


要塞内の中世時代の建物は、現在ホテルやレストランに改装されています。
a0111458_16528.jpg


シギショアラのお土産として、ドラキュラのマグカップなどが売られています。
a0111458_1105043.jpg


シギショアラの旧市街は、半日もあれば十分観光が出来ます。こちらは昼間の時計塔の様子です。
a0111458_1142565.jpg


シギショアラの郊外には、ビエルタンやサスキズの要塞教会もありますので、立ち寄られることをお勧めします。

ルーマニアのご旅行に際には、シギショアラまで、ぜひお立ち寄りください!

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら
[PR]
# by romaniakankou | 2014-12-17 02:51 | ルーマニア観光情報 | Trackback | Comments(0)