ルーマニアの日本語ガイドです。ルーマニアの観光情報をお届けします。


by romaniakankou

世界遺産のホレズ修道院

ワラキア地方の代表的なモニュメントです。1690~1693年の間に、
Brancoveanu公によって建てられました。
ルーマニア人のほとんど(約87パーセント)は正教(ルーマニア正教)の信者です。同じキリスト教でも、カソリックと正教はこのような特徴があります。
①カソリックはローマ法王がトップとなりますが、正教ではそれぞれの国(例:ギリシャ、ロシア、ブルガリア等)の大主教がトップとなります。
②カソリックでは神様の像を教会においてありますが、正教はイコン(木などに描かれた神様の絵)を拝みます。
③カソリックの神父さんは結婚が禁じられますが、正教では結婚は許されています。
ルーマニアの正教はビザンツ帝国の伝統を引き継いでいます(ビザンツが亡き後のビザンツとも呼ばれています)。
教会の外側にも宗教的場面が描かれていることが多い。中でも【最後の審判】という場面で天国と地獄が書かれているのはとても興味深いです。
このホレズ修道院は建築的な美しさなどから世界遺産として指定されています。ブカレストからは終日ツアーでのどかなワラキアの平原と高原を楽しみながらドライブします。いつもの観光スポットとは別の物に興味を持つ方にぜひお勧めしたいです。

a0111458_044483.jpg


※ホレズという町は【手作り陶器】の発祥地としても有名です。綺麗な器がお手ごろな値段で買えます。

a0111458_047525.jpg


a0111458_0425381.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://bucharest.exblog.jp/tb/7878418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by romaniakankou | 2009-01-31 00:47 | ブカレストから日帰りで行く | Trackback | Comments(0)