ルーマニアの日本語ガイドです。ルーマニアの観光情報をお届けします。


by romaniakankou

現地ガイドの意味について

新しい国を発見するためには最適な情報を提案するのは現地に住むガイドです。
観光とは、見所(博物館、像、お城、教会、町並み、建物など)以外にも、現地の人々の生活の様子や、歴史の本などに載っていないような情報に興味を持ちます。
そして、現地の人のコミュニケーションする楽しさが旅行の満足度を上げます。
ガイドブックで観光地を勉強しても、謎がすべて解けないことが多いようです。

ルーマニアにお越しになる方から、このような質問を良く聞きます。
★革命(1989年の12月)の前と後で、実際の生活はどのように変わりましたか?
★ルーマニアではどのようなスポーツが人気ありますか?ナディア・コマネチ(1976年モントリオールオリンピックで体操金メダリスト)は今何をしていますか。
★平均給料はいくらぐらいですか?家の家賃/値段はいくらぐらいか?なぜブカレストではこんなに車が多いか?
★ルーマニアでは日本って言う国はどんなイメージがありますか?
★ルーマニアの教育システム、社会福祉や健康管理システム、政治などについて教えてください。
★ルーマニアは農業国ですか/工業国ですか?輸出は何が一番多いですか。
など・・・

いままで、現地ガイドとして日本のお客様にルーマニアの見所をご案内するに当たって、このような謎を解けるために、お客様との会話をして来ました。
時には自分が分からないということも、お客様のご質問によって認識し、調べることもありました。
そのため、自分にとっては【ガイドする】ということは生活のための仕事であり、楽しい趣味でもあります。本当に好きな仕事はある意味趣味の楽しさが出てきます。そして、新しい情報を交換する、人生の勉強に繋がります。最初は【日本語が分かる】ということで、高校生の時から、アシスタントやガイドのアルバイトをやっていましたが、大学卒業のあとは知らないうちに日本語ガイドの公認ライセンスを取り、専門職としてやるようになりました。最近はルーマニアの人を連れていろいろな国(ベルギー、イギリス、香港、トルコなど)を見る機会が増え、【現地ガイド】の意味についていろいろ考えさせられました。そして、自分が【現地のガイド】として、いかにこの国の魅力や情報をお客様に説明するかについても、毎日のように新しい発見があります。

具体的には現地のガイドとしてこのようなサービスの問い合わせが多いです。

A)時間が豊富にあり、いろいろ勉強し、ご自身で見学する方
列車、バスの時刻表/チケットの買い方、ホテル予約のご案内、その他必要な情報を提供。
(プライベートルームなどの問い合わせもありますが、いまのところは残念ながら、
そういう予約システムはこちらにありません。)
B)時間が限られ、効率よく主な観光スポットをチェックしたい方
空港~ホテル間のご送迎。ホテル手配。
ガイドと専用車によるブカレスト半日・終日観光/ブカレスト発日帰り観光など
C)ルーマニアでビジネスされる方
ルーマニア語~日本語通訳。専用車/リムジン手配。コンファレンス施設の手配。
観光手配。

ルーマニアは、2007の1月からEUの国の一つになってから、いろいろ変わってくることもあれば、変わってほしいのにいつまで経っても変わらないところもあります。そして、変わって欲しくない、地方などの素朴な生活があります。
ブカレストを少し見るだけでは、渋滞などから、あまり良い印象を受けない人もいるようです。このような印象も、少しブカレストから田舎に出ると、地方ののんびりとした雰囲気を見れば、ガラッと変わります。ルーマニアが社会主義国から脱出し、約20年経っていますが、近代化が進んでいるのはブカレストをはじめ、基本的には大きな町だけです。町から少し出れば、農業を中心に生活している人々のリズムが漂います。100年以上前と何の変化もないような生活をしている村も沢山あります。今のうちに、こういう魅力のあるルーマニアを是非皆様にご案内したいと思っています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

※ルーマニア観光ガイド・通訳に関するお問い合わせは
このメールアドレスへご連絡ください:
[PR]
トラックバックURL : https://bucharest.exblog.jp/tb/8008100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by romaniakankou | 2009-02-27 22:05 | コンセプト | Trackback | Comments(0)