ルーマニアの日本語ガイドです。ルーマニアの観光情報をお届けします。


by romaniakankou
日本の皆様、こんにちは!

今回はブカレストの国民の館という名前で知られている、ルーマニアの国会宮殿の入場観光についてご案内します。

・2018年9月現在は、入場料は40RONとなります。この料金には、写真撮影代金も含まれます(以前は別料金でした)。

・国会議事堂のため、セキュリティーチェックがあります。

・入場のために、パスポートは必ず必要となります。免許書などで入場は不可となります。以前はパスポートを預ける必要がありましたが、現在は入る時に見せて、預ける必要はなくなりました。

・観光シーズン中は非常に混み合うため、事前の予約が必要となります。入場のためには前日に電話での予約が必要となります。予約がない場合、希望の時間に入れない場合があります。

・予約のために、こちらの国会議事堂の電話番号(英語可)へ前日に電話する必要があります。前日の午前中に電話されることをお勧めします。

・国民の館の予約番号(当日の1日前のみに予約可能):
 0733 558 102 または 0733 558 103 
(ルーマニアの国番号は 0040 です)

・ブカレストの市内観光等、こちらで他のガイドのサービスをご利用される方のために、代行で予約をさせていただきます。なお、国民の館は政府機関のため、会議等のために予告なく閉館になる場合があります。

こちらは、2018年8月現在の国民の館の写真です。

a0111458_04294025.jpg

a0111458_04282762.jpg

a0111458_04304517.jpg


a0111458_04312991.jpg


a0111458_04332076.jpg


a0111458_04341724.jpg


a0111458_04345576.jpg

ブカレストやルーマニア、ブルガリアのツアーに興味のある方のために、現地の情報とネットワークを利用したツアーの手配が可能です。

専用車と運転手、英語ガイド、日本語ガイドの手配、ツアーの企画、手配に興味のある方は以下のメールまでご連絡ください。

dnnica@gmail.com

よろしくお願いいたします。
ルーマニア日本語ガイド/通訳
ダン・ニカ

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら


[PR]
# by romaniakankou | 2018-09-06 04:35 | ブカレストの見所 | Trackback | Comments(0)
皆様、こんにちは!

今回はルーマニアの田舎、マラムレッシュ地方の写真をご紹介します。
ルーマニアの田園風景、伝統、民族衣装、伝統工芸、郷土料理、蒸留酒等のツアーの写真をアップロードしました。

マラムレッシュやルーマニアの田舎のツアーに興味のある方のために、現地の情報とネットワークを利用したツアーの手配が可能です。

現地の民宿の手配、専用車とガイドの手配、写真撮影のアレンジ(民族衣装、農業作業、市場、伝統工芸の職人等)に興味のある方は以下のメールまでご連絡ください。

dnnica@gmail.com

よろしくお願いいたします。
ルーマニア日本語ガイド/通訳
ダン・ニカ

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら

[PR]
# by romaniakankou | 2018-06-22 02:57 | Trackback | Comments(0)
皆様、こんにちは!

今年2018年6月のツアーの際に撮ったトランシルバニア地方の写真をご紹介します。

こちらはブラショフの写真です。ブラショフはブカレストから日帰りツアーで行けますが、ゆっくり観光するためには1泊することをお勧めします。

そして、こちらはシギショアラの写真です。こちらは世界遺産の中世の街並みが残っている町です。

ルーマニアの旅行の際、トランシルバニア地方のブラショフやシギショアラはお勧めです。
ブカレスト発着のツアー等について興味のある方は以下のメールまでご連絡ください。
dnnica@gmail.com

よろしくお願いいたします。
ルーマニア日本語ガイド/通訳
ダン・ニカ


[PR]
# by romaniakankou | 2018-06-21 06:41 | ルーマニア観光日記 | Trackback | Comments(0)
皆様、こんにちは。

今回はルーマニアの南の中世のワラキア公国の首都、タルゴヴィシュテという町についてご案内します。
この町は、ブカレストに移る前のワラキアの14世紀~16世紀の首都でした。
この町の一番の見どころはドラキュラのモデルになったヴラド・ツェペシュの祖父ミルチャ公の時代に建てられた王宮遺跡と教会、そしてヴラドツェペシュが建てたキンディアの塔と言う見張り塔です。
ドラキュラや中世のルーマニアの歴史についてもっと知りたい方にとてもお勧めの見どころです。

こちらは中世のワラキア公国の首都、タルゴヴィシュテの王宮遺跡です。
a0111458_20405362.jpg
こちらはタルゴヴィシュテの王宮遺跡と15世紀の見張り塔です。
a0111458_20434722.jpg
キンディアという名前の見張り塔は中世の建築の代表的な建物です。敵が攻めてきたときや火事の見張りに役立っていました。
a0111458_20460016.jpg
この見張り塔はドラキュラのモデルになったヴラドツェペシュが建てました。
a0111458_20472390.jpg
塔の中にはヴラドツェペシュとオスマントルコの戦争の資料等が豊富にあります。
a0111458_20484965.jpg
見張り塔の中の階段です。
a0111458_20494919.jpg
上から見た旧王宮遺跡と街並み。
a0111458_20505019.jpg
ルーマニアの首都ブカレストからタルゴヴィシュテのツアー、ルーマニア国内とブルガリアへの
送迎、ルーマニアの観光、ツアー等に興味のある方はこちらのメールまで
ご連絡ください。
dnnica@gmail.com

よろしくお願いいたします。
ダン・ニカ
ルーマニア日本語ガイド

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら


[PR]
# by romaniakankou | 2018-05-27 20:51 | ブカレストから日帰りで行く | Trackback | Comments(0)
こんにちは!

今回はルーマニアの首都ブカレストから北ブルガリアのルセへのツアーをご紹介します。ルセはブルガリアの北の国境となるドナウ川に接しているブルガリア第5の年です。昔はドナウ川の貿易で栄えており、19世紀のネオ・バロック、ネオ・ロココの町並みが残っています。ブルガリアでは珍しく、バルカン半島ではなく、西欧の雰囲気が漂う町です。
ツアーの形ですが、ブカレストからルセの往復、またはブカレストからルセまで片道送迎し、その後お客様ご自身でブルガリアのバスのネットワークを使って旅行が続けられます。もちろんルセからブカレストまでの送迎も可能です。

こちらはルセのいくつかの見所です。
ルセの中心街の地図です。歩行者天国が多く、歩きやすい町です。
a0111458_00334804.jpg

ルーマニアとブルガリアの間の国境となるドナウ川です。
a0111458_00360750.jpg

ルセの中心街の自由の広場
a0111458_00374842.jpg
ルセの国立オペラ座
a0111458_00391851.jpg

聖トロイツァ(三位一体教会)
a0111458_00413293.jpg

中心にある「収入ビル」(イベント会場)はルセのシンボルとなっています。
a0111458_00504993.jpg
19世紀~の西欧的な町並みが中心街に残っています。
a0111458_00553889.jpg
ルーマニアの首都ブカレストからルセのツアー、ルセの町への
送迎、ルーマニアとブルガリアの観光に興味のある方はこちらのメールまで
ご連絡ください。
dnnica@gmail.com

よろしくお願いいたします。
ダン・ニカ
ルーマニア日本語ガイド

ルーマニアの旅行をお考えの方はこちら
ブログの主と連絡先はこちら




[PR]
# by romaniakankou | 2018-05-05 01:17 | ブカレストから日帰りで行く | Trackback | Comments(0)